BTOスタートアップガイド

組み立て済みBTOパソコン購入者用ガイドこの度は、ウィズテックの製品(組立完了済みPC)をお買い上げ頂き、
誠にありがとうございます。

ご発注頂いたパソコンを心をこめて組み立てさせて頂きました。

パソコンをご使用になる前に、まず最初にこのスタートアップガイドをご覧下さい。

■配送された箱の中には、パソコンに組み込まれた部品が
どのメーカーのものか、ご安心頂くために組み込んだ部品のパッケージも
梱包材として同梱しております。

組立は全て完了しておりますので、ご安心ください。
また、組立に使用しなかった付属品も全て同梱し配送しております。

部品のパッケージは、初期不良が発生した場合など、部品を交換する際に必要となりますので、
コンパクトにたたむなどして大切にご保管ください。

特に初期不良保証期間中、部品メーカーによっては、付属品とパッケージが一揃いそろっていないと、
交換に応じない場合がありますのでご注意ください。

(※重要※CPU、VGA、M/B等)

CPUファン、HDD の箱は破棄いただいても問題ありません。
また、ケースの箱はパソコンの修理などの際に、サポートまで送って頂く際に必要です。
その為、箱や発砲スチロールなどの梱包材は破棄しないようにご注意下さい。


■付属品・保証書

デスクトップPCの場合はマザーボード(パソコン主基盤)の箱に、以下の付属品や保証書、他が梱包されておりますので大切に御保管下さい。
*ベアボーンキューブやノートの場合は本体が入っている箱の中に以下が同梱されています。

電源ケーブル・付属品一式
組込ドライバ(CD-ROMまたはFDDで添付)
保証書※サポート依頼書(裏FAQシート)
gp11.gif

●OSのプロダクトIDは基本的にケースの上(天板)に貼ってあります。うまく入力できない場合には※FAQシートをご参考下さい。

■初期不良かと思ったら

・マザーボード(パソコン主基盤)の箱の中にあるサポート依頼書の裏に ※FAQシート が入っておりますので、一読して頂き対処可能な問題かをご確認下さい。
・自作のご経験がなく、ケースを開けなくてはならない場合にはサポートにお問い合わせ下さい。

●Windows VistaインストールPCをご購入頂いたお客様へのご注意
*製品のご使用に先立ち、下記のような症状が確認されております。

・初回起動時に10分~25分程度要し、「お待ち下さい」の画面が長く表示されます。

その間リブートが2回行なわれます。そのため、お客様にはPCがハングアップしているように感じられますが、この症状はWindows Vistaの仕様ですのでご安心下さい。
これはWindowsVistaがPC内のアプリケーションやデータ、ドライバ及びハード的等に問題ないか、OSがチェックを厳しく行っているためです。

*初期立上げに長時間を要するのは初回起動時のみです。2回目以降は立上げに時間は要しません。

*初回起動完了途中に、リセットや電源を落とした場合、エラーとなり動作不可能となる可能性がございますのでご注意下さい。

*上記エラーが発生した場合には、再インストールでしか修復できないことがございますので、あわせてご注意ください。

 

gp22.gif

~ その他のお役立ち情報 ~

●Windowsのライセンス認証(アクチベーション)
(ソフトウェアの不正コピーを防止するために、マイクロソフトが開発したしくみ。)

【スタート→すべてのプログラム(P)→Windowsのライセンス認証を選択する】
インストールの最終段階で、ライセンス認証の処理が開始される。
ここですぐにライセンス認証を実行してもよいし、認証処理を後回しにすることもできます。

①インターネットを使って、いますぐライセンス認証を実行する。
この方法でライセンス認証の処理を進めるには、インターネットにアクセスできなければならない。

②音声電話を使ってライセンス認証を実行する。
インターネットにアクセスできない場合には、この方法を使う。
基本的なしくみはインターネットを使う場合と同じで、インターネットを使ってデータ交換を行う代わりに、音声電話を使ってオペレータ

(音声テープ)と情報交換を行い、認証処理を進める。

③いますぐにはライセンス認証は行わず、後回しにする。
一定の期間は、ライセンンス認証を行わなくてもソフトウェアは使える。

ただし期限を超えてもライセンス認証を行わないと、Windowsにログオンできなくなったり、
ソフトウェアに機能制限が加えられたりする。

いますぐライセンス認証を行うか、ライセンス認証は後回しにしてインストール処理を続行するかのいずれかを選ぶ。
ライセンス認証を後回しにしても、一定期間はソフトウェアを利用可能だが、期限をすぎると制限が加えられる。

すぐにライセンス認証を行う場合には、「インターネット経由で認証処理を行う」か、「音声電話を使って認証処理を行う」かのいずれかを選択する。いうまでもなく、コンピュータがインターネットに接続されているなら、前者の方法がはるかに簡単です。

インターネットにアクセスできないコンピュータでは、音声電話を使うことになりますが、FAXの窓口はないのでご注意下さい。この場合も、インターネットの代わりに情報交換を音声電話で行うだけで、基本的なライセンス認証のしくみは変わりません。

●~インストールから設定・活用まで~ すべてが分かる
Windows Vista大百科→http://journal.mycom.co.jp/special/2007/windowsvista/
Windows 7大百科→http://journal.mycom.co.jp/special/2009/windows7/index.html

●Microsoft Windows
Update
Windowsは問題点が発見されるとマイクロソフトの対応により修正改善されている場合がございます。定期的にWindows Updateを実行し、セキュリティーを保持するようにしてください。

Windows Update→http://windowsupdate.microsoft.com/

●セキュリティーソフトのご案内
インターネットに接続する際は、PCウィルスやスパイウェア等によるパソコンのトラブルを防ぐため、セキュリティーソフトをインストールされることお勧めします。

NOD32アンチウィルス体験版→http://canon-sol.jp/product/nd/trial.html
Norton AntiVirus体験版→ http://www.symantec.co.jp/region/jp/trial/index.html

 


●サポートセンターのご案内

TEL&FAX:03-6802-8014

メールでのお問合せは、こちらから>>

サポート受付時間:10:30 ~ 17:30(平日)11:30-17:00(祝日)
サポート休業日:土曜日・日曜日